企画展「いのち育むブナの森」に展示していただいています

緊急事態宣言の発令により1月18日(月)から2月9日(火)まで休館となっています。
詳しくは博物館サイトをご参照ください。

ブナの森
博物館サイトよりお借りしています

10月31日(土)正午より、茨城県坂東市のミュージアムパーク茨城県自然博物館にて企画展「いのち育むブナの森―森のぬくもり、もりだくさん!-」が開催されます。
館内に本物のブナの木を設置し、ブナの森の四季が再現されます!

○開催期間○ 2020年10月31日(土)~2021年2月7日(日)
*10月31日(土)は正午から公開予定です。

○開館時間○ 午前9時30分~午後5時(入館は~午後4時30分)
*混雑時には、入場制限を行う場合があります。平日のご来館をおすすめいたします。


一画にブナの木をもちいたおもちゃやインテリアが展示されます。クッコルも展示されていますので、訪れた際にご覧いただけると幸いです。

ブナの魅力がいっぱいの製品

日本の森の特徴は、傾斜や起伏のある地面や山々に、いくつもの種類の木が様々な形を織りなしていることです。
とりわけブナは日本の森を象徴する木の一つであり、ブナの森はとても表情豊かで、多様な生き物たちとともに土地ごとの四季をつくりだします。
そんなブナの森を間近に体感できるすばらしい展示です。

▶ ミュージアムパーク茨城県自然博物館 公式サイト

次の記事

京都駅のピアノ