2022年3月30日

クッコルであそぼ!@峠のお店 第3回

2022年3月29日

イベントリポート -木育フェア・地域材の活用イベント-

2022年2月12日

クッコルであそぼ!@峠のお店 第2回

2022年1月3日

クッコルで遊ぼ!@峠のお店

2021年12月2日

イベントリポート-リノベーションスタジオでのご利用-

遊んでもいい 遊ばなくてもいい
めざしたのは子育てする人の笑顔です

おうちは本来 自分らしく過ごすことのできる空間です
だしっぱなしでいつでも遊べる 多用途に使えて便利
そんな新しいツールをお届けします

ほどよい ここちよい ゆとり玩具

「はやくかたづけなさ~い!」 「ダメでしょ、おもちゃ出しっぱなしでしょ!」子育て家庭でのよくある一コマです。 はじめはおだやかに言っていたのが何度も繰り返すはめになり、いつも笑顔でいたいのに、気がつけばため息の連続。生活空間をきちんと整えておきたいのに、なぜか散らかりっぱなしの部屋。散らからないおもちゃがあればどんなによいことでしょう。クッコルはおかたづけ不要な壁で遊ぶ木のおもちゃ。子育てする人に笑顔を提供する“ゆとり玩具“ です。おうち遊びのレパートリーに加えてみませんか?

どこか懐かしい普遍的な遊び

ビー玉転がしは、 だれもが夢中になってしまう遊びではないでしょうか。コロコロと転がる玉の行方を自然と追ってしまう。転がるだけなのに、どうしてなのでしょう。川の流れに木の葉を落とすと、幼い子はどこまでも追いかけていきます。右へ左へとたゆたいながら流れていく木の葉の行方を、見つめ続けたいのです。なぜって、人は動くものを見つめずにはいられないから。クッコルはそんな記憶を呼びおこし、だれもがお手軽に気分転換をはかることができる道具です。木に埋め込まれているマグネットで壁にくっつき、 自由自在にコロコロルートを作ることができます。

形はシンプル
組み合わせは無限大

遊び方はとても簡単。レールを思いのまま壁にくっつけ、ボールや車を転がすだけです。長いレールはボールの転がるルートが読みやく、短いレールはカタカタと小刻みに転がるので、くり返し調整しながら道筋を作っていきます。一人でも、兄弟や家族、仲間と一緒でも楽しく遊べます。

おかたづけ不要なTOY
心と時間にゆとりが生まれます

磁石が埋め込まれているので、ホワイトボードなどにくっつけていつでも転がせます。どんなにダイナミックに広げても、おかたづけは不要。忙しい家事のひと手間を省くことができます。また、ご家庭だけはなく保育・教育・企業・病院などのキッズスペースなど子どもに関わる人々の時間的、心理的負担にも配慮しています。

本物の木を
身近に触れる暮らしを

磁石の機能をいかして、額縁のようにお気に入りの写真や絵を飾ったり、メモを貼ったり、小物を置くこともできます。どこを触れても木のぬくもりを感じられるクッコルは、国産広葉樹の自然な色合いで暮らしに国産木の魅力と彩りを添えてくれます。

飛騨の森から
やってきました

クッコルは飛騨の森の広葉樹から生まれました。病原菌や化学薬剤などの心配がなく安全安心です。木目はバラエティに富みとても表情豊かで、一つとして同じのものはありません。木そのものの風合いや感覚を楽しめるとともに、お子様にも安心してお使いいただけます。

どうしてくっつくの!?ふしぎなレール。クッコルのレールは磁石が表に出ない埋込仕様で磁石の誤飲防止や、底面にストッパー磁石埋設で落下防止がしてあります。また、ひとつひとつ角をなくし丸みを出しているので、どこに触れても木のぬくもりを感じます。本物の木の手触りを大切にしており、子どもが使うための気づかいがあります。さらにご家庭に加え施設や企業でも整理整頓不要のクッコルは、ご担当者の皆様の負担軽減を図ることができます。

クッコルの製品は受注生産です。
製作状況や時期によっては、1ヶ月半〜2ヶ月ほどお時間を頂戴することがございます。

個人のお客様はオンラインストアよりご注文ください

施設企業様のご注文を承っております

愛知県を拠点に、主に国産広葉樹をもちいた玩具の企画、製作、販売をしています。
運営は子育て中のスタッフ数名で行っています。
壁で遊ぶ片付け不要な“ ゆとり玩具”で、忙しい子育て家庭や施設スタッフの方々の負担軽減を目指します。

MENU